野菜作り・肥料について

うちのお野菜や果物は、無農薬はもちろんのこと、

金肥入れません。入れても落ち葉や生ゴミ、抜いた草、薪風呂から出た灰、海藻。

買った肥料に何が入っているか分からないので、やめてしまった。

肥料として一番好きなのは、

豆科の植物。

大豆はよく使います。大豆の根粒菌を肥料として使っています。


今、オクラの最盛期!!オクラの肥料は、

ちょっとぜいたくかもしれませんが、もちろん豆科!落花生です。

オクラの下に落花生がいっぱい生えています 笑。


キュウリの肥料は、決明子。目にいい、と言われる薬草。

キュウリは地這い。だからなかなか見つけることができないんですよ。

気がつくとバットになっていることもあります 笑。


キュウリの右上に、ちらっと見えるのがケツメイシの葉っぱ。その横には、

カボチャもいます。

こんなふうにいろいろな植物と一緒に育っているんです。

いろいろな植物が混在して、自然。

整然と人間が動きやすいように植えてしまうと、不自然。

なるべく自然な状態が、野菜を健康にしているようで、

虫や病気は来ません。


今年一番なりのキュウリの種が芽を出して、

写真のように 実をつけるようになって、

この繰り返しが、幸せなんだなあ!

幸せな野菜をいただいたり、お客様にお出しできることが、また、

幸せなのです。

ケツメイシで育ったキュウリ、目にいいかしら?笑


豆科の肥料が好きですが、間違っても黒大豆や緑大豆を肥料として使わないでくださいね。

昔使ってしまって、失敗しました。

黒大豆や緑大豆は、すごく大きくなっておいしいのですが、

自分が大きくなるので、周りの野菜は、負けてしまって大きくなることができません。

肥料の役割どころか、ライバル。伸びてきたところで根を残して切る勇気があるならよいかもしれないけど。


失敗をしながら、でも、本当に元気なお野菜と生活できる幸せを感じています。

調味料は、

ヤマヒサの頑固本生濃口醤油など昔ながらの製法を守っているものを取り寄せて使っています。

 

自分も皆さんに支えて頂いています。

良い、と見込んだ製品は、私も支えさせて頂く。

 

油、酢、みりん、塩、どれも大切な私の宝物です。